栽培へのこだわり of GREEN WAY Ina.Nagano

土と種が大事

 野菜づくりは土づくりと言っても過言ではありません。
『微生物がたくさん住み、土の粒子が少しの隙間を保ったまま、緩やかにくっついている土』は、作物を健康に育てます。
また、種も自家採種(自分の育てた作物から種を採ること)することにより、作物がその土地に馴染んでいき、『多少の自然条件の変化をも乗り越える適応力』が養われます。

作物の特性を利用する

 作物同士の相性を理解し、上手に組み合わせることで、病害虫の被害を軽減することが出来ます。
また、風上に背の高い作物を置くことで、虫の飛来を防ぐことが出来ます。どれも100%ではありませんが、薬に頼らない百姓の知恵です。

肥料はほどほどに

 肥料は植物性(米ぬか・落ち葉など)のものを中心に、控えめに与えます。
作物を早く大きくしたい気持ちから、たくさん与えたくなりますが、与え過ぎることで虫がつき易くなったり、偏った成長をすることがあります。作物本来の力を引き出すには、過保護にせず、ゆっくりと成長させることが大切です。

永続可能な農業

 簡単に言えば、森の木々の様に『自然の循環』を再現することです。成長した草木が枯れ、それが肥やしとなり、また木々が成長するという流れです。
 畑の場合、作物として取り出した成分を補う必要があります。昔は人糞を戻しましたが、現代の農業では中々難しい為、代替えとして「落ち葉・米ぬか・緑肥」などで補います。

継続して食べてもらう為に

 皆さんに継続して食べて頂ける様に、効率良く作物をつくる努力をし、価格を設定しています。   今までの有機野菜は価格が高く、手を出しずらいイメージがありました。また、生産者や生産地が分かっても、「有機栽培」「特別栽培」などの意味合いが伝わり難かったと思います。
 これからの農業は、『安心して』食べられる作物を、『適正な価格』で、『無駄なく』食べてもらえる様に、努力する必要があると考えます。「価格競争」などによる、売れ残りの「山の様な廃棄」は、本当にもったいなく思います。
生産者と消費者がお互いを理解し、支え合っていけたら嬉しいです。