GW紹介 of GREEN WAY Ina.Nagano

グリーンウェイ Corporate philosophy(理念)

 持続可能で環境に負荷をかけない、また、農薬や化学肥料に頼らず安全で安心な野菜作りを目指した農業を目的としている。さらに、森林資源の活用が注目されている昨今、ストーブのメンテナンスを通して、環境に優しいエネルギーである薪ストーブの普及にも、努めていきたいと考えている。
地球の未来、子供たちの未来のために、グリーンウェイは活動していきます。

CASIO 画像1 030.jpg

グリーンウェイ Profile(人物紹介)

 戸籍上、1978年生まれ。日本大学 生物資源科学部 生物環境工学科を卒業後、東京で営業職を8年務めるが、60歳の父親が脳腫瘍で亡くなった事をきっかけに、自分の生き方を考え直し、子供のアトピー・喘息・アレルギーの改善も願って、長野で就農を決意。数々の苦悩を乗り越え、今の風貌となったが、大学時代は軽音楽部に所属し、ギターリストを夢見ていた。今では「一人前の百姓」を目指して、日夜、本物の野菜作りに励んでいる。
 妻も同大学の同学部で、共に水資源について研究。高校時代から英語圏へ短期留学を繰り返し、在学中には環境先進国であるヨーロッパ諸国へ研修で行ったことも。大学卒業後は、語学と歌を勉強するためにカナダへ留学。『英語教師』と『日本語教師』の資格を持つ。また、子育て中に、『食育アドバイザー』と『国際薬膳食育師』の資格を取得。グリーンウェイの今後の活動に役立てられればと日々勉強をしている。
 夫は農業の傍ら、さまざまな仕事に携わり、その中でも、薪ストーブの仕事に魅力を感じ経験を積む。環境に優しいエネルギーである、薪ストーブの仕事を通して、環境問題に貢献したいと考えている。
 2004年第一子の出産を機に、安全な食について考え始める。現在4人の子供の子育て中。「生きることは食べること」。信州の自然に恵まれた環境で育てた、季節の野菜を食べてみませんか?食育アドバイザーの資格を持つ妻が食物アレルギーの子どもを持つ親にレシピのアドバイス、また、家庭菜園検定2級を持つ夫が、家庭菜園の悩みにもお答えします。ストーブのメンテナンス時にでもお気軽にお話下さい。